福島県、農地転用の規制緩和

農地を利用して太陽光発電を行う際に問題となる農地転用規制。

福島県の東京電力福島第一原発事故で住民が避難した地域においては、第1種農地の転用を条件つきで認めるという発表がありました。

福島県以外の土地に関しては、現在は農電併業(営農型発電設備、いわゆるソーラーシェアリング)という形でのみ許可が出ていました。つまり、農業を続けながら発電事業を行うというもので、農作物の発育に影響を及ぼさないことを条件に一時的に許可する、というものでした。

福島県の避難地域においては、よりこの条件が緩和されると予想されます。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です