インドは2013年までに累積2.18GWの設置量

インドの新再生可能エネルギー省(MNRE)が、2013年までのインドの太陽光発電の累積設置量を発表しました。
それによると、昨年だけで1GW強の系統連携型の太陽光発電が建設され、それまでの設置量と合わせて2.180GWになったということです。

また系統連携がされない独立型の太陽光発電の建設も盛んで、2013年までの累計で144MWの累積設置量があったということです。

インドはまだまだ太陽光発電の建設に関して国を挙げて取り組んでいきたい構えで、昨年9月には2017年までの目標に10GWを掲げています。

参考

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です