マンションで全量売電は新電力を利用

大京による新しい省エネマンション「ライオンズ久米川駅前」。高圧一括受電とMEMSに加えてマンション上の太陽光発電システムを導入し、電気代にして27%削減できるといいます。

マンション上での太陽光発電は珍しいものではありませんが、このプロジェクトがユニークなのは売電新電力オリックスを通じて行うというところ。高圧一括受電とMEMSも一括してこのオリックスに依頼するということです。

20.24kWの太陽光発電システムを全量売電するということですが、36円(税抜)の売電価格で換算すると、1戸あたり11,000〜12,000円還元される計算になります。
とはいえ太陽光発電で削減される想定の電気代は約12%分。
あとはMEMSによる消費電力の見える化で約10%、それから高圧一括受電で約5%、これらを合わせて27%の電気代削減が目標となっています。
またここには含まれない「新・パッシブデザイン」による電気代削減効果も期待できるということで、モデルシミュレーションによると夏場の電気代を4ヶ月分で3,500円弱削減するという結果も出ているそうです。

大京によると、

「マンションは1つ1つ規模や仕様が異なり、省エネや節電に向く設備が違ってくる。当社はこれまで高圧一括受電やMEMS(マンション向けエネルギー管理システム)などを導入してきた。今回はライオンズマンションとして初めて太陽光発電システムの全量買電サービスの導入に踏み切った」

ということで、今後もどんな環境配慮型プロジェクトが出てくるのか期待が膨らみますね。

ライオンズ久米川駅前については、2月11日・15日(土)・16日(日)に完全予約制のプロジェクト発表会、販売開始は2014年3月で、2015年7月完成予定だということ。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です