三井不動産のメガソーラー2拠点稼働開始

全国にメガソーラーを建設中の三井不動産、最初となる2拠点が稼働開始しました。

ひとつめは

三井不動産山陽小野田太陽光発電所

「東芝製パネル」とありますがどのパネルを使用しているかは発表がありません。
しかし、東芝は産業用を中心にどんどん勢力を伸ばしていますね。

もうひとつ稼働開始したのは

三井造船・三井不動産大分太陽光発電所

  • 場所:大分県大分市
  • 出力:17MW
  • 三井造船と三井不動産の共同事業。三井造船大分事業所内に建設

これらに続いて2013度中には「苫小牧太陽光発電所」(北海道苫小牧市、約23MW)、「八戸太陽光発電所」(青森県八戸市、約 約8MW)、さらに2014年度には「大牟田太陽光発電所」(福岡県大牟田市、約6MW)も計画されており、これらを合計すると67MWになります。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です