太陽光発電の補助金が今年度で終了!「設置費用への影響は?」

経済産業省資源エネルギー庁が住宅用の太陽光発電の補助金を今年度で廃止すると発表しました。
補助金申込書の受付は、2013年度末(2014年3月31日)に受け付けを終了するとされていますが、予算残額を超過すると明らかになった場合はこれより前に修了する可能性もあるということ。どの時点で終了するか予想できないそうです。

とはいっても今年度の補助金額は、1kWあたり15,000円ないし20,000円。
この程度の金額なら施工店の値下げ次第でどうにでもなる範囲です。

先月(10月)から今月(11月)の価格相場を比べてみると、ほぼ変わらない施工店がほとんどで、値下げ競争は一旦落ち着いている印象を受けます。

補助金が実際に修了となった時点で「補助金相当の値下げをします!」という売り文句は効き目が高そうなので、それまで業者側も価格を据え置くところが多くなるところが予想できます。

逆に今の時期は「補助金が終了する前に!」の文句に負けず、しっかり相見積もり・一括見積で各業者のサービス内容、価格を比較して信頼のおける業者に頼めるよう心掛けることが大切に感じます。
当サイトでは太陽光発電・施工業者の選び方をご案内しています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です