大和ハウスグループ、和歌山市最大(20MW)のメガソーラーを建設

大和ハウスグループの3社、大和ハウス工業株式会社と大和リース株式会社、そして株式会社ダイワサービスが共同で、和歌山県に県内最大のメガソーラーを建設すると発表しました。

和歌山県和歌山市の、関西国際空港の土砂採取事業跡地約35.8ha(358,000㎡)を市から借り受け、そのうち約25haに約8万枚・20MW分のソーラーパネルを設置するということ。
名称は「DREAM Solar(ドリームソーラー)和歌山市加太」。DREAMは、「Daiwa House Group」「Renewable」「Energy」「Asset」「Management」の頭文字から取られています。

来年6月の着工、平成28年3月に完了し、4月には稼働開始予定。

全量を関西電力に売電されたのち、その金額の3%を市に還元、和歌山市ではその収益を、市内の公園・緑地整備やLED街路灯の設置などの環境事業に活用する予定だそうです。

また発電所内には見学スペースが設けられ、小中学生に向けた環境授業等に役立てられます。
さらに、可搬式のリチウムイオン蓄電システムに太陽光パネルを連携させた電源装置(ソーラーストレージ)をしない施設に10台寄贈し、非常時の独立電源として利用してもらうということ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です