佐賀県佐賀市で道路の”のり面”を太陽光発電に無償貸与、管理費が浮いて一石二鳥!

佐賀県は、所有する有明海沿岸道路の”法面”(写真の左側部分の斜面)を無償で太陽光発電事業者に貸与すると発表しました。
貸し出されるのは佐賀県佐賀市の有明海沿岸道路の、久保田IC-福所江大橋間の”のり面”2km分。南向きの斜面で、約1万㎡の面積があり、約1MW分のソーラーパネルの設置が可能だということ。

屋根貸しなどで自治体が賃料を取って太陽光発電事業者に場所を貸すことは良くありましたが、今回は「無料で」貸し出されるというのがポイント。
もともとこの”のり面”の除草作業で年間約400万円かかっていた管理費を削減できるというメリットのために、無償貸与が実現されています。

事業者にとっても、佐賀県にとっても、メリットがあるということで、一石二鳥ですね!地域の環境対策にも貢献できると考えれば一石三鳥?

今後の予定は、

10月30日まで事前登録受け付け
11月1日に登録者に向けて現地説明会を開催
12月中の事業者決定
来年度から発電開始

という流れです。
年間約4,000万円の売電収入が見込めるという事で、佐賀県の太陽光発電事業者の方はチャンスです!

記事

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です