ワタミグループの太陽光発電事業

ワタミグループの子会社ワタミエコロジーが、北海道厚真町の市民風力発電のSPC(特定目的会社)が行うメガソーラー事業に出資・事業管理で携わることを発表しました。

容量15MW、今年の10月に着工し、来年11月に稼働開始予定だそうです。

しかし北海道は、系統のキャパシティー超えということで、計画変更などをせざるを得なくなったメガソーラー事業のニュースなどもありましたが、ワタミが出資するこの事業は計画通りの進行が可能なんでしょうかね。

ワタミはこの他にも秋田県にかほ市に2MWの「ワタミの夢風車 風民(ふーみん)」を、今年3月から稼働させています。これを含めて秋田県には3基の風車が稼動しており、これらの合計は約6MWになるそうで、メガソーラーの15MWと合わせた21MWはワタミグループの電力の約16%に相当するということ。(とはいえ自家消費ではなく、全て売電されることになるのでしょうが)

他にも13か所の食品製造センターの屋根に太陽光発電を設置する計画も進行中だそうです。

ワタミグループは発電事業の以前にも、”お好み焼き宅配の「KEI太」での使い捨て包装容器”も問題に取り組んだりと、環境負荷(CO2と廃棄物)の削減に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です