消費生活センターが警告「太陽光発電は比較検討を」


消費者センターは、多くの太陽光発電の一括見積サービスが出てきている今でも”複数社から見積もりを取って選ぶ消費者は少ない”と指摘。トラブルの報告も増えていることを危惧されています。

九州は太陽光発電に適した気候の地域が多く、訪問販売による太陽光発電のセールスも多いということ。
トラブルのパターンとして、一度の訪問販売でセールスマンが説明してくれることを鵜呑みにし、自分できちんと情報収集をせずに契約に至ってしまうケースなどが指摘されています。
契約の解除も契約日から8日を過ぎると難しくなるのだそう。

記事では”複数社からの見積もりを”と促しています。
ただ、見積もりを複数取ると、それだけ相手をしなければいけない電話なども増え、面倒に感じる方も少なくないのではないでしょうか。
始め挙げた太陽光発電の一括見積サービスを利用するのも手ですが、「今現在の相場を知っておく」こともおすすめします。メーカーや設置環境によって価格が大きく変わってくる太陽光発電。
“一番安い条件で最安値はどれくらいか”を知っておくと、訪問販売や一社のみに見積もりを取った場合に、「なぜその値段になるのか」という説明を乞う事で価格の妥当性を確かめるヒントにもなります。

メーカー別最新相場価格・比較ページを見る

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です