パナソニック、最新モジュールから出力保証20年適用

さらに性能を上げた新しいモジュールの発売開始が今月末に迫ったパナソニックですが、この新製品から、モジュールの出力保証を従来の10年から20年に引き延ばすそうです。

20年後に出力72%未満になった場合、保証されるという内容は、現在ソーラーフロンティアが提供しているものや、東芝の有償での保証内容と同じになり、国内の結晶型モジュールメーカーの無料保証内容としては三菱電機の20年で80%に次ぐ充実度になります。
太陽光発電の保証内容比較

パナソニックは生産拠点を海外にシフトしていくということで、品質の低下を懸念する消費者も少なくなかったと思います。
この長期出力保証でそんな懸念も晴れるのではないでしょうか。

これで、価格もともなってくれば、今後より注目が高まってくるのは間違いなさそうです。

価格については毎月更新の「太陽光発電・価格比較ランキング」でご確認ください。

その他のメーカーとの保証内容比較はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です