郵便局でも太陽光発電

製造業での工場や運送業の倉庫の屋根を使った太陽光発電、また全国のJA全農の施設を使った太陽光発電、コンビニの屋根や、所有する複数のマンションの屋上での太陽光発電など、比較的広い屋根を持つ物件を複数所有する業種は、太陽光発電を始める絶好の機会ですね。

今度は日本郵政グループが、全国にある郵便局等の286施設の屋根を使い、合計11MWになる太陽光発電事業を開始するそうです。

次はどんな業種が登場するのでしょうかね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です