シャープがセル発電効率でさらに記録更新・化合物3接合型で37.9%

以前、シャープが研究開発している化合物3接合型太陽電池セルで、世界最高の37.7%を達成した話題をお届けしましたが、それから4か月半、またそれを0.2%上回る37.9%のセル変換効率を達成したことを発表しました。

img1

太陽光エネルギーの波長に合わせて3種類の化合物の層を組み合わせ、効率的に光を吸収できるようになったということ。

集光型発電システム用や人工衛星などの宇宙用、移動体用への実用にむけて研究をさらに進めるということです。

参考

シャープの太陽光パネルについての詳しい説明はこちら
商品展開や実績に加え、価格相場案内も行っています。

2 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です