関西空港に11.6MWのメガソーラーはソーラーフロンティア

「KIXメガソーラー」と名付けられた関西国際空港の太陽光発電施設は、長さ4000メートルの第2滑走路の横約10万㎡の土地に加え、空港内の貨物施設などの屋上に太陽光パネルを設置し、合計11.6MWに上るメガソーラー。

ソーラーフロンティアのパネルを使用する理由として、太陽光が反射してもまぶしくないという特徴を挙げており、空港の運営上、安全面も考慮された施設になっています。

ソーラーフロンティアは、単価の安さ、実発電量の多さが特徴で、儲けやすいパネルと言えます。
購入から10年後、20年後の収支や、初期費用の回収年数を総合的にシミュレーションすれば歴然!
さらに、一番おトクに購入できる施工店の紹介も行っています。

2 Responses

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です