現時点で日本最大・芝浦ホールディングスの福岡県みやま市23MWメガソーラー

現相稼動中のメガソーラーでは扇島を抜いて日本最大となった、福岡県みやま市芝浦ホールディングスのメガソーラー、23MWが3月21日に運転開始しました。
旧・三井三池炭鉱の有明鉱があった場所で、1997年に閉抗してから使われないままだった土地を有効利用したメガソーラーです。

九州全域にメガソーラーを展開する「九州ソーラーファーム計画」は、8か所合計すぐと約40MWになります。

参考

日本全国で建設中のメガソーラーには23MWをゆうに超える施設も沢山あるので、この「日本最大」はすぐにでも塗り替えられるので、今のところ、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です