JAソーラー、イスラエルの35MWの事業のためのパネルをシーメンスに供給

太陽光事業会社である「Arava Power Company」がシーメンスにEPC事業を委託したイスラエルの3つの太陽光事業(合計出力35MW)に、JAソーラーのパネルが採用されました。

今年1月から5月の内にモジュールの供給が行われます。

3地点ともイスラエルの砂漠に設置されることとなるため、「そのような厳しい自然環境にあってもJAソーラーのモジュールは耐久性とパフォーマンスが維持できることを証明できる」としています。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です