世界の太陽光発電・累計設置量は100GW超え

2012年は世界全体で30GWの太陽光発電の導入があり、累積にして100GWを超えたのだそうです。
年間での累積を見ても昨年は今までにない量で、さらに地域的な分散化も目覚ましい年であったそうです。

2008年の時点では一番成熟した分野であった風力発電が、世界累積100GWを達成していますが、太陽光発電がその4年後同じレベルを達成したのは、多くの人にとって思いがけない成長であったと言います。

今後はMENAなど新市場の勢いも増してくると考えられますが、上の表にもみられるように、他地域を大きく引き離すドイツ率いるヨーロッパの太陽光成熟国のレベルに追い付くのは、まだ時間はかかりそうだ、ということです。

参考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です