工場跡地にメガソーラーを!年度中の導入を急ぐ事業主


肌着メーカーグンゼが、生産拠点を海外に移転して使わなくなっていた工場跡地などに、メガソーラーを建設すると発表しました。
全国に3か所、合計5.4MWになる予定の施設は、来年2013年度の固定価格買取制度見直しによる価格引き下げが行われる前に申請を済ませ、キロワット42円での売電をしたい意向です。

稼動は2013年9月の予定。

「売電価格引き下げによる家計の収入への影響は?」で、家庭用の6kW程度のシステムでも10年間の売電期間で考えると20万円程度の収入差につながるとシミュレーションされていますが、より大規模の施設で20年の売電となると、収入の差はより大きくなるのでしょうね。

使っていない土地の有効利用をお考えの方は、お急ぎくださいね~。

参考

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です