シンガポールの物流会社日本法人が、自社の物流施設に29.6MWの設備を設置


シンガポールを拠点とした、物流会社のグローバル・ロジスティック・プロパティーズ (GLP)の日本法人GLプロパティーズ株式会社が、自社の保有する国内の22施設の屋根に合計29.6MWの太陽光発電設備を設置すると発表しました。

2014年の3月には設置が完了する予定です。

参考

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です