エクアドル、2015年までに新たな272MWを設置


エクアドルのエネルギー省は、2011年の5月に再生可能エネルギーに対する推奨政策を開始してから、合計17事業、272MW分の太陽光発電プロジェクトを承認したと発表しました。

内外併せて7億米ドルの投資額に上るこれらのプロジェクトは、すべて2015年までに完成されるということです。

Quito近郊に49.6 MWのプロジェクトを1億ドルかけて建設する、スペインのisofotonの事業が、現行のFiTプログラムで承認を受けた初事業になります。

他にも4月には、同じくスペインのモジュールメーカー・プロジェクト事業者のSolaria Energíaが、現地の会社と25MWのプロジェクトの開発を合意しています。

エクアドルのFiTプログラムでは、本土ではキロワットあたり0.4003米ドル(約35円)、ガラパゴス諸島で0.4403米ドル(約38円)を15年買い取るとされています。

現時点で完成を見ているプロジェクトは無く、2011年の設置量は0.5MWにとどまっていたようです。

参考

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です