北陸でも屋根貸し・福井県に合計200kWの屋根貸し事業決定


北陸は日照量や積の関係で発電量が伸びず、太陽光発電には向かないというのが一般的な考え方ですが、今の固定価格買取制度を受けてそんな北陸にも屋根貸し太陽光発電事業の動きが出てきています。

福井県越前市が市内の8つの公共施設に対して公募していた屋根貸し事業の事業者が、5施設において決定しました。
(やはりそうは言っても、北陸での太陽光発電事業は公募が殺到、とまではいかないのでしょうね。)

それぞれの施設に25~50kW程度のパネルが設置され、合計200kW弱の出力になります。

参考

さらに新潟県でも、大規模な公共施設の屋根貸し事業を計画中のようです。
県53施設、市町村140施設の計193施設で、延べ屋根面積は28万5,662㎡になるそうです。
現在公募中で、1月中の事業者決定を目標にしています。

参考

北陸ではありませんが、UR都市機構も、UR物件の屋根を太陽光発電事業に貸し付ける、その名も「URパワー」計画を発表しました。
URの物件約1,500棟分、合計東京ドーム3個分の面積になる屋根を太陽光発電事業に貸し付ける予定で、順次公募で事業者を決定していく予定です。

15年後までに35MWの規模になる予定のこの「URパワー」。なぜこのように長期間の猶予を持たせているかと言うと、屋根断熱防水改修工事の機会に併せての随時募集になるからなのだとか。
しかし15年後に全量買い取りが続いているのかは分かりませんよね。
現在メガソーラー、屋根貸しが流行っているのは、ひとえにこの、事業者にかなり有利な「全量買い取り」制度によるものだと考えられています。
(さて今回は、SBエナジーはどれほどの存在感を見せることになるのでしょうか?URの漸進的な計画を「前倒しで貸し付けてくれ~」、なんて事は、さすがに言わないのでしょうが。)

参考

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です