変換効率20.1%の製品は産業用でも注目


先日東芝が、米サンパワー社の世界最高効率の20.1%のパネルの発売開始を発表していました。

住宅用としては東芝が独占状態ですが、産業用でもこの高効率のパネルは注目が集まってきているようですね。

製造メーカーであるサンパワーから直接、産業用の発電効率20.1%(327w)のパネル540kW分の供給を受けたのは窪倉電設(神奈川県横浜市)。
神奈川県内の4施設の屋根を借りて行う事業で採用したのは、このサンパワーのパネルが使用された「T5ソーラールーフタイル」という産業用太陽光発電システムです。

このシステムの特徴は、設置が簡単、屋根への設置の際、屋根に穴をあけずに設置できるという、オールインワン設計です。

高効率の上に、施工の費用もカットできると考えられるこのシステム、陸屋根に限らず、傾斜の緩い屋根にも設置可能だそうです。
東芝の太陽光パネルの詳細・最安値情報

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です