ホンダソルテック新発売の140W・CIGS住宅用太陽電池モジュール


ソーラーフロンティアと同じくCIGS太陽電池を生産する「ホンダソルテック」。

甲子園球場の屋根に自社製パネルを取り付けた事で一時話題になったこともあります。

今回発売のパネルは140W、変換効率にして12.5%で、ソーラーフロンティアの主力製品より若干効率で上回っています。
ソーラーフロンティアは、実際に売り出されている製品と、製品ラインアップにある商品が違うので、ちょっとトリッキーですが。
価格的は76,650円で、パネルの希望小売価格としてはソーラーフロンティアよりも安め。
しかし、実施に売っている根と販売店はあまり見ません。
おそらく実際に買うとなると、希望小売価格をほぼ無視した価格になるのでしょう。

化合物系のパネルはまだまだ性能の伸び幅があると言われています。昨日シャープが研究に成功した、37.7%のセルも化合物系。このシャ-プの製品は主に宇宙開発など特殊な用途での使用を目的としたものだそうです

現在化合物系のパエルを選ぶとすると、選択肢はソーラーフロンティアくらいしかありません、やはり競争相手がいなければ気競争も面白くない??
ホンダソルテックにも頑張ってほしいですね。

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です