シャープ、 産業用太陽電池モジュール発売!


来年1月21日から、シャープが新たに2種の産業用太陽電池モジュールを発売することを発表しました。

『NU-250KA』は単結晶250W、変換効率15.3%のモジュール。産業用の単結晶タイプは今ま受注生産の高所設置向けのパネルのみでした。(シャープ産業用製品ラインナップ)今回の単結晶パネルの販売で、より幅広い発電事業者のニーズにこたえられることになります。

もう一つは『ND-300CA』、多結晶300W、変換効率は上の製品と同じく15.3%です。
今までの高出力多結晶モジュールのシリーズの最新製品ということになります。
10月にこのひとつ前のモデル『ND-290CA』が売り出されているようなので、産業用で、より”高出力”のモジュールの需要が高まってきているようですね。

単結晶の『NU-250KA』の変換効率の比較として、従来機『ND-240CA』を持ち出していますが、この製品は多結晶の製品です。
月間の販売台数を単結晶の『NU-250KA』30,000台、対して多結晶の『ND-300CA』が3,000台となっていることも併せて見ると、より高性能の単結晶製品に生産を集中させたいシャープの意向があるのでしょうか。

シャープの太陽光パネルの詳細・最安値情報など
参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です