南アフリカの国を挙げた75MWプロジェクトは伊藤忠商事の出資会社!

Kentz南アフリカの75MWプロジェクトの事業開発を4500万ドルで契約という記事を先月10日ご紹介しましたが、この事業主のノルウェーの会社スカテック・ソーラーは、伊藤忠商事株式会社の出資会社(37.5%)なのですね!

南アフリカの再生エネルギー独立発電プログラム(REIPPP)事業は南アフリカに合計1.45GWの太陽光発電を開発する、国を挙げてのプロジェクトで、今回の75MWプロジェクトのように一つ一つのプロジェクトの規模が大きいため、欧米の業界ニュースでは開発権などをだれが取ったか、という話が毎日のように流れています。

日本からは、住友商事が風力発電で出資をしているくらいで、注目度は低め。

プレスリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です