土地貸しより儲かる?三菱地所の産業用太陽光発電所


三菱地所が、自社が分譲している産業用地に第一段階として1MW、最終的に10MWの産業用太陽光発電施設を建設する計画を発表しました。

今回産業用施設を建設するのは「ちばリサーチパーク」。
千葉県佐倉市から千葉市にまたがる100万㎡の土地で、その一部の2万1700㎡に1MWをまず建設します。

その後第1段階の稼働状況を見て、10MWに拡大する事も計画に入っており、そうすると総面積は21万8000㎡になります。

という事は、分譲中でまだ空いている土地をほぼ総動員するという事ですね。
土地が余っているのなら、今はそれを貸すよりも、太陽光発電所を建設した方が儲かる、という考えが浸透してきているのでしょうか。

第一段階の1MWは今年度中の稼働を目途に来月から建設を開始します。

使用されるパネルについてはグループ企業の、三菱製のモジュールが使用されるということです。

参照

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
↑ ↑各メーカーのパネルの発電量が気になる方は上記サイトが一番お勧め!実際に設置しているご家庭のナマの発電状況が閲覧できます
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です