リクシルの太陽光発電

リクシルの太陽光発電システムの製品情報

ここではリクシルの太陽光発電システムの製品についてご案内しています。

ソーラーパネルはQセルズとサンテックのOEM製品か?

まずは太陽光発電の主役となるソーラーパネルの製品展開についてご案内します。リクシルのソーラーパネルは、品質にこだわった上位モデルとなるAタイプと、普及品(廉価版)としてBタイプの2シリーズ展開となっています。いずれのシリーズも大きさの異なる2枚のパネルを屋根の大きさに合わせて組み合わせる形で提供されます。

2015年5月から発売開始されるセテラはBタイプの後継となるシリーズで、2015年6月30日からは完全にBタイプからセテラにモデルチェンジをして提供されることになっています。

型番 出力
変換効率
サイズ 価格
(単価/Wh)
Aタイプ
LX1A-275H 275W
16.50%
1670×1000×
35mm
(Fサイズ)
19kg
1670×1000×35mm
(Fサイズ)
19kg
180,000円
(655円)
LX1A-220H 220W
16.30%
1348×1000×
35mm
(Sサイズ)
15.5kg
1348×1000×35mm
(Sサイズ)
15.5kg
144,000円
(655円)
セテラ(Bタイプ後継機種)
LX2B-270H 270W
16.60%
1640×992
×35mm
(Fサイズ)
18.2kg
1640×992×35mm
(Fサイズ)
18.2kg
135,000円
(500円)
LX2B-215H 215W
16.40%
1324×992
×35mm
(Sサイズ)
15kg
1324×992×35mm
(Sサイズ)
15kg
-
(-)
Bタイプ
SLE250S-20/Wdb 250W
15.40%
1640×992
×35mm
(標準サイズ)
18.2kg
1640×992×35mm
(標準サイズ)
18.2kg
150,000円
(600円)
SLE-125S-10/Ndb 125W
14.80%
850×992
×35mm
(小型サイズ)
10.5kg
850×992×35mm
(小型サイズ)
10.5kg
75,000円
(600円)
SLE190S-24/Adb+
旧型
190W
14.90%
1580×808
×35mm
15.5kg
1580×808×35mm
15.5kg
111,000円
(584円)
SLE090S-12/Jdb+
旧型
90W
13.60%
818×808
×35mm
7.8kg
818×808×35mm
7.8kg
60,000円
(667円)

さて、後述のリクシルの企業情報についての項でも触れている通り、リクシルは自社でソーラーパネルを製造する設備はもっていません。ソーラーパネルとパワーコンディショナは外部メーカーをOEMで提供する形をとっていますが、製造元となるメーカーに関しての問い合わせには「守秘義務があるゆえ非公開」という回答をいただきました。

しかし、実際購入するとなるとやはり製造元に関しては気になるものです。当サイトではリクシルの公式情報(ソーラーパネルの形状、スペック、特徴など)をもとに大手メーカーの製品と比較し、AタイプはハンファQセルズ、Bタイプおよびセテラはサンテックパワーの製品と全く同じ内容であることを確認しています。以下ではこの予測をもとに各シリーズの強みと特徴をご案内しています。リクシルによる公式情報ではないためあくまで参考としてご覧いただければ幸いです。

低照度に強い「Aタイプ」のパネルは価格と提案内容によっては買い

AタイプはQセルズの「Q.PEAK」シリーズの同等製品です。Qセルズといえば、ドイツの大手ソーラーパネルメーカー。ハンファグループに買収されたことで競争力を増し、近年日本での採用例も増えています。Bシリーズおよびセテラと比較すると効率も低く価格も高いことからコストパフォーマンスが高いとお感じになる方も多いかと思いますが、「QセルズのQはクオリティのQ」とするドイツQセルズの品質に対するこだわりはより長期的なメリットを追求される方が選ぶべき製品と言えます。高い耐久性や低照度環境下での発電量の多さ、高い品質管理による故障・不良品のリスクの低さが特徴と言え、特に新築の屋根に全面パネルルーフを取り入れるような場合は同製品のこだわりの品質が最良の組み合わせであると考えられます。ハンファQセルズの最新価格情報などもご参考になり、提案内容と価格に妥当性がみられたら購入に踏み切ってもよさそうです。

「Bタイプ/セテラ」は価格が勝負

Bタイプおよび後継のセテラは中国パネルメーカーサンテックパワーの住宅用パネルと同等製品です。サンテックパワーに関しては、一時は世界一位のシェアを誇ったものの、世界的なパネルの過剰供給に伴う価格低下によって破綻した後は世界シェアも大きく落としています。日本では別会社としてサンテックパワージャパンがサポート体制を強めて製品提供を行っているものの、中国メーカーとしてはカナディアンソーラーやトリナソーラーに押されて人気の盛り返しには苦悩しているように見えます。

リクシルでもAタイプとは違って普及品(=廉価版)として取り扱うとしています。お見積りの際は最新価格相場もご参考になった上でのご検討をおすすめします。

リクシルのパワーコンディショナ

以下ではリクシルの太陽光発電システムのパワーコンディショナ製品型番と仕様一覧です。

型番 設置場所 容量 変換効率 サイズ 本体価格
YLE-TL59B1 屋内外 5.9kW 96.0% 503×688
×167mm
32kg
503×688×167mm
32kg
508,000円
YLE-TL46B1 4.6kW 480×688
×167mm
29kg
480×688×167mm
29kg
398,000円
YLE-TL55A4 屋内 5.5kW 95.5% 580×270
×171mm
17kg
580×270×171mm
17kg
400,000円
YLE-TL40A7 4.0kW 95.0% 490×270
×155mm
14kg
490×270×155mm
14kg
295,000円
YLE-TL27A4 2.7kW 95.5% 220,000円
MLE-PS40JL 屋内外 4.0kW 95.5% 630×379
×175mm
21kg
630×379×175mm
21kg
421,000円
MLE-PN40GL 屋内 4.0kW 96.0% 460×240
×140mm
14.7kg
460×240×140mm
14.7kg
310,000円

リクシルでは「YLEタイプ」と「MLEタイプ」の2シリーズの太陽光発電用パワーコンディショナを商品展開しています。

パネル同様メーカーについては製造元が公表されていませんが、「YLEタイプ」はパナソニック製、「MLEタイプ」は三菱電機製だと予想されます。「YLEタイプ」はいずれもJET多数台用認証を取得しています。

リクシルオリジナルの架台(ラック)の製品一覧と強みを解説

パネルとパワーコンディショナについては外部メーカーから調達する形で提供するリクシルですが、架台(ソーラーパネルを屋根などに設置する際のラック)に関してはオリジナル製品を展開しています。以下では各架台が対応するパネルの一覧と製品詳細をご案内しています。

パネル種類 Aタイプ セテラ Bタイプ
F S F S 標準 小型
ソーラーラック
ソーラールーフ ×
ソーラーベース ロータイプ × ×
ソーラーベース 折半屋根タイプ ×
ソーラーベース 柱建てタイプ × ×
ソラエル × ×

一番汎用性の高い製品は傾斜屋根用の架台「ソーラーラック」で、いずれのパネルも使用可能です。

「ソーラールーフ」は屋根一体型として展開され、新築や屋根の吹き替え時に屋根全面をパネルで葺く形で、敷地面積に対してより多くのパネル積載量が期待できる商品です。他のメーカーからも瓦型パネルや屋根一体型専用パネルなどが販売されていますが、リクシルの「ソーラールーフ」の強みは汎用のパネルをそのまま屋根一体型として使用できる点で、価格面でのメリットに期待できます。

「ソーラーベース」には3種類展開があり、住宅やアパート、マンション、ビルなどのRC造フラット屋根にはロータイプ、工場やカーポートに多い金属製の折板屋根には折板タイプ、産業用に多い地上野立てには柱建てタイプを使用します。

他にもソーラーカーポート「Solael(ソラエル)」は車庫の上のスペースを有効利用してソーラーパネルを設置できる製品です。

リクシルの太陽光発電の価格について

リクシルの
太陽光発電ソーラーパネルの価格は
676,727/kWです

ご案内するのはリクシルが公式サイトにて掲載している、Aタイプ20枚のパネル(5.5kW)およびパワーコンディショナ、接続箱の価格例です。この価格はいわゆるメーカー希望小売価格に相当するもので、実際に提供される際は大きく値引きが期待されます。

なお、製品としてはAタイプはQセルズ、Bタイプとセテラはサンテックパワーの住宅用太陽光パネルに相当します。各メーカーの最新相場価格も参照のうえ、お見積り内容を比較検討することをおすすめします。

リクシルの太陽光発電システムの保証について

リクシルでは20年のソーラーパネル出力保障と、15年の機器保証を無償保証として提供しています。2015年4月から無償保証として提供される機器保証が10年から15年に延長されました。

有償の安心補償

火災、落雷、台風などの自然災害による故障等に対しても設置金額を限度額として機器補償が10年間で何回も受けられる「安心補償」を提供しています。システム容量によって金額が異なり、住宅用の場合はパワーコンディショナの台数で補償料が決まり、1台で14,000円、2台で28,000円、3台以上で42,000円となっています。

リクシルについて・企業情報と太陽光発電事業

トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、TOEX(東洋エクステリア)の5社が統合して2011年4月に設立された建材大手の株式会社LIXILは、グループとしては創業1949年で65年以上の歴史を持ちます。ホームセンター「ビバホーム」や住宅フランチャイズチェーン「アイフルホーム」なども傘下に持ち、太陽光発電に関しては2009年に設立されたLIXILエナジー株式会社が主に企画・販売を担当しています。

住宅用太陽光発電に関しては2011年から株式会社LIXILの運営する建材ネット販売サイトでも販売を始めており、現在も住宅用は販売の窓口がLIXILとなっていますが、いずれも製品管理などはLIXILエナジーが行っているようです。

リクシルではグループの工場の遊休地を活用してメガソーラーも展開しています。2011年の固定価格買取制度以前に完成した「LIXIL有明SOLAR POWER(熊本県玉名郡長洲町のLIXIL有明工場に3.75MW)」、「LIXILつくばSOLAR POWER(茨城県坂東市のLIXIL岩井工場に3.75MW)」に加え、2014年に完成した「LIXIL須賀川SOLAR POWER(福島県須賀川市LIXIL須賀川工場に6.35MW)」では同社の製造するアルミソーラー架台を使用しています。

リクシルで太陽光発電を購入する強みは?

新築や大規模なリフォームをご検討の方などはグループに建材関連全体をカバーできる企業をすべて抱えているリクシルから総括的なサービスが得られるメリットが期待できます。ただ太陽光発電システムに関しては中核部分であるパネルやパワーコンディショナーを外部メーカーから調達しているため、リクシルで購入するよりも専門の業者に頼む方が特に価格面でよりリーズナブルな選択肢が見つかるかもしれません。

いいメーカーとの出会いは施工店次第

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。