京セラの太陽光発電・ソーラーパネルの価格

京セラの太陽光発電・ソーラーパネル、最安値相場価格(2019年9月1日更新)

パネル型番
(出力・効率)
価格・相場 あなたのお宅の設置費用は?
KJ270P-5ETCG(Rooflex)
(270W・18.6%)
237,000
/kW
最安値店
一括見積
最安値店
一括見積

ご案内しているのは、京セラの主力モデルエコノルーツシリーズの価格情報です。提示された価格は2018年10月以降値下げが止まっている状態です。太陽光発電市場全体が落ち着いていることも考えると、今後も相場価格が大きく変動する可能性は低いと見込まれます。

京セラの太陽光発電・ソーラーパネル
価格推移と市場動向

ソーラーパネルメーカー「京セラ」の価格動向
京セラの太陽光発電・ソーラーパネルの価格動向

図は2012年から2014年にかけての京セラの各パネルの最安値・相場価格推移を示します。補助金適用後の価格を掲載しているため、毎年4月には新しい年度の補助金制度を反映して価格が上がる傾向があります。エコノルーツシリーズは2012年度中は価格が徐々に低下していったものの、2014年の補助金廃止以降価格が変動していません。

太陽光発電の市場は、人気の高いパネルの方がモデルチェンジや価格低下のスピードが速い傾向がありますが、京セラはパネル種類が多いこともあり、一つの商品に人気が集まる傾向が薄く、価格低下もあまり進まないメーカーの一つです。

従来は低価格な多結晶パネルに特化した京セラは比較的安価な選択肢とされてきました。しかし固定価格買取制度導入後、より効率が高かったり容量あたりの発電量が多かったりといったメーカーや安価な中国メーカーを中心に人気が高まり価格競争も激しくなったために、京セラの価格の優位性は低くなってきています

京セラは「希望小売価格」と
「実際の販売価格」の差が一番小さい?

ここまでは実際に販売されている値段・価格についてご案内してきました。実際の販売価格は各メーカーの価格相場と比較していただくとわかる通り京セラは決して国内最安値メーカーというわけではありません。一方でメーカーが出している希望小売価格・参考価格は中国製の最安値メーカーのそれに匹敵するほど安い値段に設定されています。ワットあたりの値段で比較すると、東芝(サンパワー)700円台、三菱、長州産業、600円台、シャープ、パナソニック500円台、そして京セラが400円台となっています。東芝のパネルを希望小売価格の半額以下という最安値で売るような販売店も多い中、京セラは比較的参考価格に近い値段で取引されることが多いようです。

京セラは"値引き"がしにくいメーカー?

希望小売価格ないし参考価格は実際の販売価格との乖離が大きいことは経験上多くの方が知るところだと思います。特に固定価格買取制度導入後は太陽光発電の人気が急に高まったことで各メーカー出荷量が増え、人気が高くてラインナップがシンプル(=少ない)なメーカーほど価格競争が激しく、希望小売価格から大きく値下げされる傾向が顕著になっています。例えば東芝やソーラーフロンティア、パナソニックなどは主力の単モデルを各販売店が競って値下げするという構図があります。

対して京セラは各家庭の屋根の形状によって最適なモデルが変わるため、メーカー全体としての主力製品という扱いのモデルがないのが特徴的です。こうなると販売店も「京セラのこの製品が安いからウチで買ってください!」という客引きが成り立たないので値下げが激化しません。またスケールメリットが生かしにくいため実際値引きをするにも限界があると予想されます。

京セラの選択肢が一番お得になる場合は?

相場が下がりにくいメーカーとはいえ、設置容量によっては他のメーカーと比べて安くなる場合も考えられます。一般的により多くの容量を乗せるほど単価が低く購入できますが、小さくてラインナップが豊富な京セラのパネルなら、複雑な形状の寄棟屋根などでも設置容量を増やしやすく、その分単価が安く購入できる場合も多いと考えられます。

例えば標準サイズのパネルだけだと2~3kWという小容量しか載らないという場合には売電収入で初期費用回収をするのはかなり難しいと考えられます。こうした場合は京セラのサムライシリーズなどを検討してみることをおすすめします。パワーコンディショナーの容量に見合う4kW強まで容量を伸ばせられれば、京セラが一番お得な選択肢になるはずです。

京セラの施工販売店を探すなら

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリーンエネルギーナビグリーンエネルギーナビ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリーンエネルギーナビ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。