6kW(キロワット)台の太陽光発電
価格と発電量、売電シミュレーション

6kWの太陽光発電・概要

このページでは6kW台(6~6.9kW)の太陽光発電についてご案内しています。住宅用太陽光発電の全国的な平均積載量は4.4~4.5kWとなっており、6kW台というと平均より大きめのサイズのシステムと言えます。6kW分のパネルの面積は最低でも25㎡で、予算は135万円から200万円がかかります。

6kW台は、2世帯住宅などの大きな戸建て住宅などでもない限り、住宅で使い切れないほどの電力を作ることができます。リスクを減らす意味でも、売電単価が下がった現在は4kW5kWのちょうど良いサイズを選ぶのも手です。6kW以上を購入する場合は固定価格買取制度によってある程度高い売電単価が保たれている期間が終わったあと、つまり11年目以降にできるだけ自家消費率を高められるような長期的なおうちの設備計画も含めて導入を検討するのがおすすめです。(このページの後半で詳細をご案内しています)

6kW台の太陽光発電の価格・設置面積
メーカー別比較一覧

以下では6kW台の積載量における価格や面積などをメーカーごとに比較一覧にしてご案内しています。それぞれのメーカーの標準モデルにおける2017年2月時点の価格をご案内しています。価格についての詳細やメーカーの選び方などは以下のページで詳しくご案内していますので、合わせてご利用ください。

メーカー
「パネル(出力・効率)」
容量
(パネル枚数・設置面積)
初期費用
TOSHIBA
東芝
「SPR-250NE-WHT-J
(250W・20.1%)」
6kW
(24枚・29.9㎡)
199
万円
6.25kW
(25枚・31.1㎡)
208
万円
6.5kW
(26枚・32.3㎡)
216
万円
6.75kW
(27枚・33.6㎡)
224
万円
SOLAR
FRONTIER

ソーラーフロンティア
「SF170-S
(170W・13.8%)」
6.12kW
(36枚・44.3㎡)
164
万円
6.29kW
(37枚・45.6㎡)
169
万円
6.46kW
(38枚・46.8㎡)
173
万円
6.63kW
(39枚・48.0㎡)
178
万円
6.8kW
(40枚・49.3㎡)
182
万円
6.97kW
(41枚・50.5㎡)
187
万円
Panasonic
パナソニック
「HIT245α
(245W・19.1%)」
6.13kW
(25枚・32.1㎡)
196
万円
6.37kW
(26枚・33.4㎡)
204
万円
6.62kW
(27枚・34.6㎡)
212
万円
6.86kW
(28枚・35.9㎡)
220
万円
メーカー
「パネル(出力・効率)」
容量
(パネル枚数)
初期費用
SHARP
シャープ
「NQ-220AE
(220W・19.1%)」
6.16kW
(28枚・32.3㎡)
206
万円
6.38kW
(29枚・33.4㎡)
214
万円
6.6kW
(30枚・34.6㎡)
221
万円
6.82kW
(31枚・35.7㎡)
228
万円
MITSUBISHI
三菱
「PV-MA2450M」
(245W・17.2%)」
6.13kW
(25枚・35.6㎡)
191
万円
6.37kW
(26枚・37.0㎡)
199
万円
6.62kW
(27枚・38.5㎡)
206
万円
6.86kW
(28枚・39.9㎡)
214
万円
KYOCERA
京セラ
「KJ200P-3CRCE
(200W・15.0%)」
6kW
(30枚・40.0㎡)
223
万円
6.2kW
(31枚・41.3㎡)
231
万円
6.4kW
(32枚・42.7㎡)
238
万円
6.6kW
(33枚・44.0㎡)
246
万円
6.8kW
(34枚・45.3㎡)
253
万円
メーカー
「パネル(出力・効率)」
容量
(パネル枚数・設置面積)
初期費用
Q.CELLS
Qセルズ
「Q.PEAK 260
(260W・15.6%)」
6.24kW
(24枚・40.0㎡)
179
万円
6.5kW
(25枚・41.7㎡)
187
万円
6.76kW
(26枚・43.3㎡)
194
万円
CanadianSolar
カナディアンソーラー
「CS6V-225MM
(225W・16.6%)」
6.08kW
(27枚・36.6㎡)
179
万円
6.3kW
(28枚・38.0㎡)
186
万円
6.53kW
(29枚・39.3㎡)
192
万円
6.75kW
(30枚・40.7㎡)
199
万円
6.98kW
(31枚・42.0㎡)
206
万円
Trina solar
トリナソーラー
「TSM-205DC80.08
(205W・16.0%)」
6.15kW
(30枚・38.4㎡)
159
万円
6.36kW
(31枚・39.7㎡)
165
万円
6.56kW
(32枚・41.0㎡)
170
万円
6.77kW
(33枚・42.3㎡)
175
万円
6.97kW
(34枚・43.6㎡)
181
万円
価格についての説明

ご案内しているのはシステム費と標準工事が含まれたモデル価格(税込)です。設置工事に足場が必要な際や、別途部材が必要な屋根材の場合などは追加料金がかかる場合があります。

また金額はあくまで比較的安いネット販売店のサイト表示価格を調査し、最安値を表示したものです。購入の際の目安としてご利用いただければ幸いですが、価格以上に施工店の信頼度を大切にしたいという方には以下でご案内するような一括見積サイトのご利用をおすすめしています。この表でご案内するような最安値価格帯の業者も、地元密着型の信頼の高い業者も加盟しており、安さと信頼度を一度の見積もり依頼で比較検討できるのが便利です。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリエネグリエネ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

初期費用カットのポイント
6kW台なら4.4kWパワコンでも十分?

6kWのソーラーパネルであれば6kWのパワーコンディショナをつけなければいけないと思われがちですが、ソーラーパネルが最大出力を出せる時間の総数は年間でも限られているので、パネルに対してパワコンの容量を少し小さめに構成する方が費用対効果が高いことが多いです。こうした設備構成を過積載と呼びます。パワコンメーカーはパワコンの出力に対してより多くのソーラーパネルが繋げられるような製品を近年は出しているので、過積載率(パネルの容量とパワコンの容量の比率)をより高くする例はますます増えています。

例えばパワコンメーカーのオムロンは、住宅用に最適なサイズの過積載用パワコンとして、4.4kWと5.5kWの2種類を用意しています。6kW台のソーラーパネルであれば、過積載モデルの4.4kWパワコンで十分な場合が多いです。例えば6.9kWのソーラーパネルに4.4kWの組み合わせれば157%の過積載率になりますが、年間のロス率(パワコンで変換しきれずピークカットされる割合)は全体の5%未満にとどまる可能性が高いです。売電単価が下がっている昨今、初期費用をいかに削るかはとても重要です。太陽光発電の価格の内訳の中で一番多くの割合を占めるのがソーラーパネルですが、それに次いでパワーコンディショナのコストも大きな比率を占めます。使用するパワコンのサイズを最適化することは導入時ぜひ考えていただきたいポイントです。

6kW台の発電量は?
売電収入と電気代削減量をシミュレーション

6kWの発電量は年間で約6950︎︎kWh、一日の平均にして約19kWhとなります。標準的な家庭の消費電力がおよそ12kWh/日なので、6kWだと大抵の場合発電量が余る計算になります。夜間は太陽光発電は稼働できないので主に昼間に消費する分が太陽光発電由来のものとなるわけですが、6kWの容量であれば、発電分の自家消費率は27%程度となると考えられます。

以下は埼玉県さいたま市において6kWの月ごとの発電および売電収入、そして電気代の削減額の予想値を一覧にしたものです。電力消費量は3〜4人世帯相当(月平均で290kWh、空調によって250〜375kWhの季節差があるような使用状況)を想定、太陽光発電の稼働中に自家消費した分は年間で一律27%として計算しています。

1月 2月 3月
月間発電量
(一日当たり)
645kWh
(20.8kWh)
620kWh
(22.1kWh)
625kWh
(20.2kWh)
家庭での消費量
電気代削減額
174kWh
4,877
167kWh
4,685
169kWh
4,725
余剰分
売電収入
471kWh
13,185
452kWh
12,668
456kWh
12,774
4月 5月 6月
月間発電量
(一日当たり)
654kWh
(21.8kWh)
656kWh
(21.2kWh)
547kWh
(18.2kWh)
家庭での消費量
電気代削減額
177kWh
4,942
177kWh
4,961
148kWh
4,137
余剰分
売電収入
477kWh
13,363
479kWh
13,413
399kWh
11,185
7月 8月 9月
月間発電量
(一日当たり)
550kWh
(17.7kWh)
611kWh
(19.7kWh)
471kWh
(15.7kWh)
家庭での消費量
電気代削減額
148kWh
4,155
165kWh
4,619
127kWh
3,562
余剰分
売電収入
401kWh
11,234
446kWh
12,489
344kWh
9,630
10月 11月 12月
月間発電量
(一日当たり)
503kWh
(16.2kWh)
494kWh
(16.5kWh)
572kWh
(18.5kWh)
家庭での消費量
電気代削減額
136kWh
3,802
133kWh
3,734
155kWh
4,327
余剰分
売電収入
367kWh
10,280
361kWh
10,096
418kWh
11,698
1月 2月 3月 4月 5月 6月
月間発電量
(一日当たり)
645kWh
(20.8kWh)
620kWh
(22.1kWh)
625kWh
(20.2kWh)
654kWh
(21.8kWh)
656kWh
(21.2kWh)
547kWh
(18.2kWh)
家庭での消費量
電気代削減額
174kWh
4,877
167kWh
4,685
169kWh
4,725
177kWh
4,942
177kWh
4,961
148kWh
4,137
余剰分
売電収入
471kWh
13,185
452kWh
12,668
456kWh
12,774
477kWh
13,363
479kWh
13,413
399kWh
11,185
7月 8月 9月 10月 11月 12月
月間発電量
(一日当たり)
550kWh
(17.7kWh)
611kWh
(19.7kWh)
471kWh
(15.7kWh)
503kWh
(16.2kWh)
494kWh
(16.5kWh)
572kWh
(18.5kWh)
家庭での消費量
電気代削減額
148kWh
4,155
165kWh
4,619
127kWh
3,562
136kWh
3,802
133kWh
3,734
155kWh
4,327
余剰分
売電収入
401kWh
11,234
446kWh
12,489
344kWh
9,630
367kWh
10,280
361kWh
10,096
418kWh
11,698

発電量についての考え方は以下のページなども合わせてご確認ください。

太陽光発電6〜6.9kWの初期費用は何年で回収できるか?

以下のグラフは6.0kWから6.9kWにおいて何年で初期費用を回収できるかをシミュレーションしたものです。購入価格を一律で30万円/kWとし、売電収入と電気代の削減額を足した額を毎年の収入相当として足していきます。売電単価、買電単価いずれも28円/kWhとして計算しています。

30万円の単価でシステムが購入でき且つ平均的な発電量が得られると家庭した場合、6~6.9kWのいずれの場合でも9〜10︎年の間で初期費用を回収できる計算になります。

6~6.9kWの太陽光発電
初期費用回収シミュレーション

(円)

6〜6.9kWの太陽光発電で20年間でいくら儲かるか?

10年以内の初期費用回収は多くの場合で達成できると予想されますが、太陽光発電は20年以上の耐用年数が期待されているため11年以降もしっかり経済的メリットが享受できます。以下は20年で得られる利益を6~6.9kWのシステムにおいてシミュレーションしたものです。11年目以降については余剰分の売電単価が未定となっていますが、想定される11円/kWhを適用、買電単価は、今後賦課金の負担額が上がることも考えて30円を適用して計算しています。11年目はソーラーパネルの経年劣化も考えて85%の発電量を得られるとします。

6~6.9kWの太陽光発電
11年目以降の収益シミュレーション

(円)

大容量の6kW以上は11年目以降は自家消費ができるような設備計画を

先の項では20年間でどれくらいの収益を得られるかという計算をご案内しました。11年目以降は電気代の削減分が30円/kWhなのに対し余剰分の売電価格が11円/kWhとかなり開きが出てくるため、いかに自家消費を多くできるかが収益相当額に影響してきます。仮に27%の自家消費率を100%にした場合、6.0kWの20年間の収入相当額は約110万円から約200万円と90万円も増加します

自家消費率を上げるには、蓄電池で貯めておく方法の他に、エコキュートのようなエコ電気給湯器や電気自動車で、太陽光発電の発電している時間帯に積極的に消費するようエネルギー計画を立てるのも効果的です。

既に売電単価は買電単価と拮抗している状態なので、太陽光発電の導入と同時にエコキュートとIHでオール電化仕様にするというのも手です。

納得のエコ生活も施工店次第

住宅用で信頼できる施工会社を探す

太陽光発電のメーカー選びで欠かせないのがいい施工店との出会い。実際に設置するとなると制約の多い住宅屋根は選べるメーカーが案外少ないなんてこともあり、限られた選択肢から最適解を見出すにはメーカーと購入者をつなぐ施工店が重要な役割を果たします。施工店選びには一括見積サービスを利用される方がほとんどですが、ここでは当サイトがおすすめする見積もりサイトとその特徴をご案内します。

太陽光発電を見積もるには一括見積サービスを利用するのが一般的ですが、一口に一括見積もりといっても多様なサービスがあります。以下では当サイトがお勧めするサイト2社厳選してご案内していますので、ニーズに合ったサービスをご利用ください。太陽光発電は安い買い物ではないため、納得がいくまでいくつかのサービスを併用する方も少なくありません。いずれのサービスも無料で利用できます。


話題の蓄電池も!選択肢を増やす相見積もりにお勧め

グリエネグリエネ

安さ勝負のネット系販売店も地域密着型店も提携する大手サイトで安さも信頼性も譲れない方におすすめです。登録施工店が多いので、他のサービスと同時利用をする方も多くいらっしゃいます。また太陽光発電と合わせて利用することでメリットが大きい蓄電池も一緒に見積もれて便利!
当サイト経由のお見積りで1,000円分のQuoカードプレゼントキャンペーンも実施中です!


顧客満足度98%!とりあえずならこのサイト

タイナビ

利用者実績は100万人以上、これだけの顧客がいながら満足度98%を保持するサイトは、コマーシャルなどでも見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

敷居の低さが人気で、図面のみでの見積もりも可能(訪問が無い)なので気軽です。

産業用で信頼できる施工会社を探す

施工店によって産業用の依頼を受けるかどうかの方針が大きく異なり、専用の一括見積サービス無しでニーズに合った施工店を見つけるのは意外に大変な作業です。以下に当サイトおすすめの産業用に特化した一括見積サービスとその特徴をご案内します。

グリエネ・産業用

価格コムとも連携している一括見積サイト大手。専門のカスタマーサポートによる丁寧なヒアリングでニーズに合った施工店を探してくれます。高い買い物なだけに、確実な施工店に頼みたいところ。見積もり後はその施工店に対するユーザーの評価をサイトで確認できるため、施工店主導にならず自分自身で判断を下せる点も魅力です。

タイアップ企画として当サイトからお見積りされたお客様全員にもれなく1,000円分のクオカードをプレゼント中


タイナビネクスト

露出も高く、利用者数も多いサイトです。登録施工店147社(2013年5月現在)の名前が閲覧できます。