エコキュートの電気代 容量・世帯人数別ランニングコスト比較

このページを30秒で要点説明

エコキュートは給湯効率が良く、さらに単価の安い深夜電気が使えるのでとてもお得です。1日平均3〜6kWhの電力を消費するエコキュートは毎月の給湯費が2,500〜3,500円程度かかりますが、これはガス給湯機と比べて1,300〜2,000円程度安いので、初期費用の差額は都市ガスの場合で11〜12年、LPガスのエリアなら3〜4年程度で回収できる計算です。

エコキュートの電気代が安いのはなぜ

エコキュートは光熱費が安いことが最大の魅力とされます。光熱費が安い理由の一つとしてはまず、ヒートポンプによる給湯は通常の電気温水器と比べると2.5〜3倍効率が良く、同じ湯を作るのでも少ないエネルギー消費で済むことが挙げられます。さらにエコキュートが主に稼働する夜間電力の単価が昼間に比べて安いことも光熱費の軽減に加担しています。さらに調理機器もIHに変えてオール電化にするのであればガスと電気の基本料金を電気のみに一本化できるのでさらに光熱費削減には効果的だと言えます。

エコキュートと相性の良い夜間電力・深夜電力プラン

エコキュートを導入される場合は、時間帯によって電気代単価が変わるプランを使うのが通常です。いずれの電力会社も、夜間の電力単価が昼間と比べて安くなるプランを提供しています。2016年の電力自由化を境に各電力会社とも料金プランを新調しています。以下では2018年3月時点の時間帯割引プランの一覧をご案内したのち、これまでにエコキュートを対象とした電力プランがどのように変遷していったのかについても見ていきます。

現在の夜間電力料金一覧

以下はオール電化やエコキュートをお使いのご家庭に適した夜間割引プランの一覧です。

電力会社 オール電化、エコキュート最適プラン 従量電灯
電気料金単価
プラン名称 基本料金
(50A)
基本料金
(60A)
昼間料金 夜間電力 割引時間帯
北海道電力 eタイム3プラス 2175.20 2175.20 30.35-39.94 14.37 22-8
(10h)
23.54-33.37
東北電力 よりそう+シーズン&タイム 2662.20 2662.20 26.24-42.36 11.22 22-8
(10h)
18.24-28.75
東京電力 スマートライフS 1404.00 1684.80 25.33 17.46 1-6
(5h)
19.52-30.02
北陸電力 くつろぎナイト12 1620.00 1620.00 19.28-34.31 12.28 20-8
(12h)
17.52-23.02
中部電力 スマートライフプラン 1460.00 1460.00 28.00-38.00 16.00 22-8
(10h)
20.68-27.97
関西電力 はぴeタイム 2160.00 2160.00 24.16-32.38 9.94 23-7
(8h)
17.40-24.95
中国電力 電化Styleコース 1620.00 1620.00 30.06-32.08 14.60 21-9
(12h)
17.76-25.58
四国電力 スマートeプラン 1188.00 1188.00 21.85-37.64 14.22 23-9
(10h)
16.66-24.96
九州電力 電化でナイト・セレクト 1620.00 1620.00 17.55-26.40 13.02 22-8
(10h)
17.19-25.63
沖縄電力 時間帯別電灯 842.40 842.40 26.10-34.66 11.82 11-7
(8h)
22.53-29.91

東京電力以外は昼間の電気料金が時間によって2-3段階で変わる料金体系を取っています。また、東京電力以外は10kVA(100A)までは一律の基本料金を設定しているため、もともと30Aや40Aのように小さい電圧で契約していた場合は毎月700円〜1,700円という少なくない基本料金値上がりが回収できるのかも確認が必要です。

夜間電力の単価推移

図が表示されない場合はリロードしてください。

夜間料金
(8時間)
従量B
2004 6.43円 16.83~24.22円
2005 6.53円 16.01~22.82円
2006-2008 7.56円 16.51~22.95円
2009-2012 9.43円 18.38~24.82円
2013-2015 12.16円 19.43~29.93円
2016 17.46円 19.52~30.02円

夜間電力に限らず近年は電気代全体が高くなっています。もともと原子力発電の余剰電力を消化する事を主な目的として導入された夜間電力割引ですが、原子力発電所のほとんどが稼働停止している現在従来と同様の電力プランが成り立ちにくくなっています。

例として東京電力は、2016年の電力自由化を機に夜間電力と昼間の電気料金の単価の差を大きく縮めたプランを提供しはじめました。夜間の単価が旧「お得なナイト」プランと比べて高くなった代わりに、昼間の電気代単価がかなり安くなっているので、電気をより多く使うご家庭ほど旧プランに比べて電気代が安くなります

詳しいシュミレーションは以下でのボタンを押してご確認いただけますが、例えば月間で540kWh(40A契約の場合)〜560kWh(50A契約の場合)以上使用するご家庭の場合は新プランの方が安くなる可能性が高いです。言い換えれば、現在エコキュートが無くても1万円以上の電気代をお支払いのご家庭の場合、エコキュートの導入は今まで以上にお得になるということができます。

旧/新プランの料金シミュレーション▼(開く)
電気使用量
新プラン
(スマートライフS)
旧プラン
(お得なナイト8)
40A 50A 40A/50A
400kWh ¥9,524 ¥9,805 ¥8,420
410kWh ¥9,777 ¥10,058 ¥8,738
420kWh ¥10,030 ¥10,311 ¥9,057
430kWh ¥10,284 ¥10,565 ¥9,375
440kWh ¥10,537 ¥10,818 ¥9,694
450kWh ¥10,790 ¥11,071 ¥10,012
460kWh ¥11,044 ¥11,324 ¥10,330
470kWh ¥11,297 ¥11,578 ¥10,649
480kWh ¥11,550 ¥11,831 ¥10,967
490kWh ¥11,804 ¥12,084 ¥11,335
500kWh ¥12,057 ¥12,338 ¥11,703
510kWh ¥12,310 ¥12,591 ¥12,070
520kWh ¥12,563 ¥12,844 ¥12,438
530kWh ¥12,817 ¥13,098 ¥12,806
540kWh ¥13,070 ¥13,351 ¥13,173
550kWh ¥13,323 ¥13,604 ¥13,541
560kWh ¥13,577 ¥13,857 ¥13,909
570kWh ¥13,830 ¥14,111 ¥14,276
電気使用量
新プラン
(スマートライフS)
旧プラン
(お得なナイト8)
40A 50A 40A/50A
580kWh ¥14,083 ¥14,364 ¥14,644
590kWh ¥14,337 ¥14,617 ¥15,012
600kWh ¥14,590 ¥14,871 ¥15,380
610kWh ¥14,843 ¥15,124 ¥15,747
620kWh ¥15,096 ¥15,377 ¥16,115
630kWh ¥15,350 ¥15,631 ¥16,483
640kWh ¥15,603 ¥15,884 ¥16,850
650kWh ¥15,856 ¥16,137 ¥17,218
660kWh ¥16,110 ¥16,390 ¥17,586
670kWh ¥16,363 ¥16,644 ¥17,953
680kWh ¥16,616 ¥16,897 ¥18,321
690kWh ¥16,870 ¥17,150 ¥18,689
700kWh ¥17,123 ¥17,404 ¥19,057
710kWh ¥17,376 ¥17,657 ¥19,424
720kWh ¥17,629 ¥17,910 ¥19,792
730kWh ¥17,883 ¥18,164 ¥20,160
740kWh ¥18,136 ¥18,417 ¥20,527
750kWh ¥18,389 ¥18,670 ¥20,895
  • エコキュートで月170kWh消費電力量が増えるとして計算。旧プランでの夜間8時間の消費力は250kWh/月、新プランでの夜間5時間の消費電力は220kWh/月で固定し、残りは昼間の消費量とした場合。

世帯人数と生活パターンに合ったタンク容量選択

世帯人数ごとのお湯の使用量と最適タンクサイズを確認

エコキュートを購入する場合の最適タンクサイズを知るために、世帯人数によって給湯の使用状況がどれだけ変わるのかを確認していきます。

タンクサイズ 作れるお湯の量
(42℃)
370ℓ 650ℓ
460ℓ 850ℓ
550ℓ 990ℓ
世帯人数 湯張り シャワー 洗面・台所 必要湯量合計 エコキュートの
最適タンクサイズ
1人 150ℓ 80ℓ 130ℓ 360ℓ 370ℓ
2人 170ℓ 160ℓ 140ℓ 470ℓ 370ℓ
3人 190ℓ 240ℓ 150ℓ 580ℓ 370ℓ
4人 200ℓ 320ℓ 150ℓ 670ℓ 370ℓ・460ℓ
5人 200ℓ 400ℓ 155ℓ 755ℓ 460ℓ
6人 200ℓ 480ℓ 155ℓ 835ℓ 460ℓ
7人 200ℓ 560ℓ 160ℓ 920ℓ 550ℓ
8人 200ℓ 640ℓ 160ℓ 1000ℓ 550ℓ+

エコキュートのタンクサイズはメーカーによって異なりますが、370ℓと460ℓが多くのメーカーで標準的に作っているサイズに値します。また、一人暮らし用の小型サイズや大家族用の550ℓといったサイズもあります。作られるお湯は65〜90℃の高温なので、使用する際は水で薄めて使うことになります。各タンクサイズにおける使用可能湯量目安は上の表でご確認ください。

上表では1日の使用湯量を世帯人数ごとに一覧にしてご案内しています。だいたい3人家族から4人家族までは、小さめサイズの370ℓタンクで事足りる場合が多いと考えられます。2世帯住宅などで世帯人数が8人以上まで増えると、大容量の550ℓでも足りない可能性が出てくるので、給湯器の複数使いを考える必要があります。オール電化を考えているご家庭ならガス給湯器は足したくないという場合も出てくるでしょうが、例えば湯張りに小型の太陽光温水器を使うのは、エコの面でも経済面でも良い組み合わせだと考えられます。

表でご案内しているのは目安の湯量ですが、以下では使用湯量が生活パターンなどでどれだけ変わるのかを少し深掘りしていきます。

お湯張りしないでシャワーだけの場合

湯船にお湯は張らずに日常はシャワーだけで済ませ、湯張りは休日のみ、といった生活をしている場合は使用湯量が少なくて済むのでしょうか。これはもちろん、シャワーでどれだけお湯を使うかによって節約の度合いが大きく違ってきます。シャワーの流量は約8〜10ℓ/分が目安です。上表では一人当たり約8〜10分程度のシャワー使用時間を想定しています。家族全員が10分ずつシャワーだけ使うような場合だと湯張りのための200ℓは節約することができますが、湯船に浸かる代わりにシャワーを20分ずつ2人がそれぞれ使う、というようば場合は湯張りをするのと同じだけのお湯を使うことになるので節約には繋がりません。

手洗いではなく食洗機を使う場合

食洗機を導入する家庭も増えてきました。手洗いに比べてかなりの水を節約できる食洗機にもエコキュートで作ったお湯はもちろん使えます。パナソニックの食洗機を例に取ると、一回の運転で使う水の量は9ℓと、手洗いの時の9分の1まで節水できます。食洗機は約70℃の高温で洗う事を加味すると、台所で使うお湯の量は80ℓから18ℓ程度にまで減らすことができ、必要湯量は約60ℓ少なく見積もることができます。例えば4人家族でも食洗機を使うのであれば370ℓのタンクで足りる可能性が高いと言えます。

朝シャワー型の場合

エコキュートで沸かしたお湯は使用する時間までタンクの中で貯湯することになりますが、沸かす時間と使う時間の間が開くほど貯めたお湯が冷めて効率が下がります。朝にお湯を使うことによってどれだけ効率が上がるのか、という実証実験は残念ながら見つからなかったのですが、似た研究として太陽光発電の余剰電力吸収のために昼間にエコキュートを運転して夜間にお湯を使用した場合、外気温が高くて冷めにくい事と焚き上げから使用までの時間が短くなる事で11%効率が向上したというものが見つかります。

タンク容量、世帯人数別
エコキュート電気代比較一覧

1日、一ヶ月、年間のエコキュート消費電力と電気代をシミュレーション

エコキュートは夜間の電気が安い時間帯に湯を沸かしますが、夜間電力プランは最短で5時間のみ割引単価が適用されるので、グラフのように短時間で多くの電力を消費することになります。

図がうまく表示されない場合はリロードしてください。

エコキュートの1日の消費電力量
2人家族 3.4kWh
3人家族 4.2kWh
4人家族 4.9kWh
5人家族 5.5kWh
6人家族 6.0kWh

グラフを見ると夜間の消費電力が跳ね上がるので、アンペア数を上げないといけないかな、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、消費電力は2000W程度なので、他に電流の大きい家電を使う事の少ない深夜帯に稼働するのであれば契約アンペアはそのままで使える可能性が高いと言えます。

以下ではエコキュートを新規で購入し、東京電力の「スマートライフ」を契約した場合に電気代がどれだけ変わるのかをシミュレーションしています。契約電圧は3人家族までは40A、4人家族以上は50Aで計算しています。

2人世帯 3人世帯 4人世帯 5人世帯 6人世帯
通常時消費電力 エコキュート使用時消費電力 通常時消費電力 エコキュート使用時消費電力 通常時消費電力 エコキュート使用時消費電力 通常時消費電力 エコキュート使用時消費電力 通常時消費電力 エコキュート使用時消費電力
電力消費量 1日 7.7kWh 11.2kWh 11.5kWh 15.7kWh 12.4kWh 17.4kWh 13.6kWh 19.1kWh 14.9kWh 20.9kWh
月間 234kWh 341kWh 352kWh 480kWh 380kWh 529kWh 414kWh 582kWh 455kWh 638kWh
電気代 深夜の電気代(1日) ¥86.5 ¥108.7 ¥124.7 ¥139.1 ¥152.0
昼間の電気代(1日) ¥192.5 ¥288.7 ¥311.8 ¥339.8 ¥373.8
電気代(月間) ¥7,267 ¥9,774 ¥10,901 ¥13,325 ¥11,773 ¥14,780 ¥12,832 ¥16,054 ¥14,115 ¥17,461
エコキュートで高くなった分 ¥2,507 ¥2,425 ¥3,007 ¥3,222 ¥3,345
単価 31.0円 28.6円 31.0円 27.8円 31.0円 27.9円 31.0円 27.6円 31.0円 27.4円

エコキュートを使用すると使用電力量は増える分、購入できる電気代の単価が2.4〜3.6円/kWh減るので全体としては月に2,500円〜3,500円程度の電気代で給湯ができる計算になります。ガスの場合、単価の安い都市ガスとエコジョーズ(省エネ型ガス給湯器)の組み合わせでも月に3,800(2人世帯)〜5,500(6人以上世帯)円程度かかってくるので、ガスに比べて月に1,300(2人世帯)〜2,000(6人以上世帯)円程度給湯に関わる光熱費を節約できる計算になります。これがLPガス(プロパンガス)のエリアになると毎月給湯だけで4,500(2人世帯)〜8,300(6人以上世帯)円を支払っているので、差額は月に2,000(2人世帯)〜5,000(6人以上世帯)円とさらに大きくなります。

  • 表でご案内する「単価」はそれぞれのプランの電気料金単価ではなく、基本料金や賦課金などを含めた実際の電気代を消費電力で割った単価を意味します

初期費用はいつペイオフする?

最後に肝心な採算性を確認します。より詳しい給湯器比較についてはこちらのページでご案内していますが、省エネ型ガス給湯器(エコジョーズ)は大体、工事費も込みで10〜11万円で導入できます。対してエコキュートは30〜33万円とかなり初期費用が高くなります。月の光熱費の削減額で初期費用の差額を割ると、都市ガスの場合は11〜12年、LPガスの場合で3〜4年で初期費用差額をペイオフできる計算になります。

エコキュートの設置はどの業者に頼むのが良いか

エコキュートなどを導入する場合、どの業者に頼むといいかとお悩みになるかもしれません。価格面や保証面ではオール電化に特化した施工店などが優位な場合が多いです。オール電化一括見積などでそうした業者は見つけることができます。エコキュートと太陽光発電をどちらも施工したい場合は、より予算がかかる太陽光発電の一括見積から、オール電化も同時に見積もると手軽に安い業者が見つかります。

オール電化機器(IH、エコキュート)が得意な業者を探す

グリーンエネルギーナビ・オール電化

IHおよびエコキュートの買い替えをお考えの方は、オール電化に特化した業者に絞った一括見積のご利用が便利です。エコキュートのような高価な機器は大量仕入れができる専門業者の方が通常のリフォーム業者など比べてより安価な見積もりを得られる可能性が高いです。一括見積では価格だけでなく業者の実績なども含めて検討できます。特にエコキュートの保証内容などは施工店の信頼度ありきで成り立つので、総合的な比較検討をおすすめします。

グリーンエネルギーナビ

太陽光発電やオール電化機器の得意な業者を探す

グリーンエネルギーナビ

太陽光発電をご検討の方は、太陽光発電に特化した業者を集めた一括見積のご利用が便利です。太陽光発電のみを特に安く取り扱う業者もあれば、オール電化をセットで割引率が良くなる業者など、価格設定はその会社ごとに異なるので、蓄電池、エコキュートなど他にご検討の設備があれば同時に見積もりもできます。

グリーンエネルギーナビ

トイレやバスなど、内装も同時に大幅なリフォームをお考えであれば、太陽光発電やオール電化専門業者では対応できないことが多くなるので全般的な内装が行えるリフォーム業者を集めた一括見積をご利用になるのが便利です。ただこの場合、安さという面では専門業者の方が有利な場合が多いため、少し面倒でもそれぞれ特化した一括見積を利用の上、別々の業者に依頼する方がよりお得になる可能性が高いです。

リフォーム業者一括見積を利用する

リノベーション、リフォームをお考えの方は一括見積のご利用が便利ですご利用は無料、価格比較にとどまらず実際に工務店の人柄や実績を確認してから契約できるので安心感につながります。

リショップナビ

妥協したくない方のための一括見積サイト
登録施工店が多く自由度の高い提案も期待できます。強いこだわりを適正価格で実現したい方、できるだけ多くの選択肢から最適な業者を見つけたい方に最適です。対応地域:全国

リショップナビ

リノコ

デザインにはそこまでこだわらないけど部分的に改修しながら住環境を改善したい方、マンションオーナーの方でとにかく安く最低限の見栄えを確保したいという方向け。定額プランで施工保証もついているので安心です。

対応地域:全国

リノコ

中古物件探しから始める

安価にマイホームを手に入れられる中古物件のリノベーションをお考えなら、物件探しとリノベーションをワンストップでお願いでき、さらにリフォームのローンを低金利の住宅ローンに一本化してくれるサービスを提供する、リノベーション専門業者が人気です。

リノべる。

中古物件探しからこだわり設計、ローンまで依頼できる
こだわりのリノベーションをお考えならまず試してほしいのが「リノベる。」デザイン性の高いリノベーション実例が多く掲載され、夢が膨らみます。裏知識を豊富に知っている不動産や建築業界出身のスタッフも多いので、イベントや勉強会の参加もおすすめです。対応地域:宮城 群馬 東京 神奈川 埼玉 千葉 静岡 愛知 三重 京都 大阪 兵庫 岡山 広島 福岡 熊本 長崎 沖縄(2016年2月時点)

リノべる。