10月, 2013 | 環境問題と日常 徒然草
福島第一原発の港湾外でセシウムを検出

東京電力は10日、福島第一原発の港湾外の海水から放射性セシウム137が1リットル当たり1.4ベクレル検出されたと発表した。
第一原発の沖合約1キロの「港湾口東側」と呼ばれる地点で、今年8月の調査開始後、検出されたのは初めて。

8日に水面から約30センチの海水を採取した。セシウム137よりも半減期が短いセシウム134は検出下限値未満だった。

セシウム137を原発から排出する場合の法定基準は1リットル当たり90ベクレル、世界保健機関(WHO)のガイドラインの飲料水の基準値は同10ベクレルで、今回の数値はこれらを下回っている。

10日に採取した海水はいずれも検出下限値未満だった。陸側から漏れた汚染水の影響の可能性もあるが、東電は「一度だけの検出では評価できない。引き続き、監視を続ける」としている。

一方、9日に福島第一原発港湾内で採取した海水でもセシウムの上昇が確認された。護岸付近の2号機取水口でセシウム134を370ベクレル、セシウム137を830ベクレル検出。いずれも前日の10倍超になった。

護岸の地盤改良工事で土壌に圧力が加わり、地中にたまっていた高濃度の汚染水が流出したとみられる。東電は海への影響は限定的とみており、「沖合1キロの測定結果には影響していない」と分析している。

周囲は平成23年4月に作業用の穴(ピット)にたまった汚染水がコンクリートの亀裂から海に流出するなどしている。
福島民報

というニュースです。
放射能汚染水のニュースが目白押しの東電ですが、とうとう港湾外に放射性セシウムが検出されたというニュースが・・・
今回検出された放射性セシウムは法定基準は下回っているものの検出されてたことには変わりません。

首相が原発の放射能漏れ(汚染水)について港湾内でコントロールされているようなことをオリンピック招致のプレゼンで言っていたような気が・・・
それともオリンピック前までにはということだったのかな~

どちらにしても放射性セシウムなどの放射能もれ(汚染水)について完全にコントロールできてないということが証明されたということです。

なんとか港湾内で抑えてほしかったです・・・まぁ抑えられないだろうとは思っていましたが。

しかし福島近隣の住民・漁業関係の方やひいては日本そのものが風評被害にさらされることにもなりますので東電には本当に何とかして欲しいというかしてくれないと。。

エコツール
太陽光発電情報  蓄電池情報  浄水器、ウォーターサーバー情報

阿寒湖のマリモ、水草による激減のおそれ

国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の生息域が以前と比べ狭まっていることが、北海道釧路市の調査で確認された。

水草類が異常に繁殖しているためで、世界自然遺産への登録を目指す釧路市は、放置すると壊滅的な打撃を被ると判断、2014年度から水草の除去事業に乗り出す。

市教委によると、阿寒湖のマリモは浅瀬に生じる水流で転がりながら球状化する。
その成長過程で水草類が異常に繁殖すると、水流やマリモの回転運動が妨げられ、放っておくと、将来的に激減する可能性がある。

生息域の縮小は、市教委の潜水調査で判明した。市教委は縮小にかかわるデータを集計中で8日に公表する。
14年度に環境省や専門家による委員会を発足させ、水草を取り除く規模や場所を決める。
除去事業は14年夏にチュウルイ湾で試験的に行う考えだ。

かつて阿寒湖では地元温泉街の排水が流れ込んで湖水の透明度が悪化し、光合成が必要なマリモの生息域が狭まったこともあった。

下水処理施設が整備されると水質は改善し、生息域は1997年に約8万平方メートルを記録した。
ところが、水質が浄化されたことで、エゾヤナギモなどの水草類も繁殖し、2011年度の時点では97年時と比べ約2割の減少が確認されていた。

シュリコマベツ湾で05年に行った堆積物の調査では、江戸期の湖底はマリモに分厚く覆われていたことが確認されている。
市教委マリモ研究室の若菜勇室長は「昔の状態に回復させることが大切だ。そのために当面、人が手を貸す必要がある」と理解を求めている。

阿寒湖の球状マリモは1897年、西部のシュリコマベツ湾で発見され、その後、チュウルイ湾、キネタンペ湾、大崎でも群落が確認された。うちシュリコマベツ湾と大崎は周辺の開発に伴う土砂の流入などで1941年頃までに消滅している。
読売
というニュースです。
マリモって転がりながら大きくなっていくんですね。。
というか水質の向上が水草を増やし、マリモが転がれなくなり激減のおそれがでてくるとは皮肉な話です。

水質が悪くてもダメだしまた水質が良くなっても水草が増えるとマリモにとって良くない・・・本当に微妙な環境のバランスの上で生息しているマリモ。

ニュース記事をみると一番良いのが水質の浄化・透明度を上げることは光合成を促進させるので問題なさそうなので、あとは生息域のの水草の除去が重要なようですからマリモがころころ転がれるような環境作りを早急にすすめてほしいですね、既に同じ阿寒湖の一部では消滅してしまっているわけですから。

それに江戸期の湖底はマリモに分厚く覆われていたということで、いつかそんな光景がみられるようになれば良いです。

ちなみにマリモのあの丸い形はマリモの集合体だそうで、やわらかそうでいて結構硬いようです。。
ころころ転がりながら丸くなることといい意外と硬いことといい、予想外でした。しかも集合体だったとは・・・

エコツール
太陽光発電情報  蓄電池情報  浄水器、ウォーターサーバー情報

« Previous Entries

エコなサイト

環境や健康を守る水の総合情報
エコや健康に大切な水を使う為に、放射性物質を除去できる高性能な浄水器や安全な水を宅配するウォーターサーバーなどについて、ご案内しています。

太陽光発電総合情報
太陽光発電に関する情報やソーラーパネル導入時に抱える疑問の解消、最適な太陽光パネル選びのためのご案内をしています。

蓄電池の総合情報
停電や災害などの非常時にも利用でき、家庭用の太陽光発電と組み合わせることもできる蓄電池のご案内をしています。

インターネットFAX情報
いつでもどこでもメールで送受信!低料金で用紙やインクやトナーなど節約できるインターネットFAXのご案内をしています。