8月, 2013 | 環境問題と日常 徒然草
対馬の天然記念物ツシマヤマネコ生息地が森林競売に  

絶滅危惧種である「ツシマヤマネコ」が唯一生息する長崎県対馬市の約260万平方メートルの森林地が売りに出され、保護のため市が買収に向けて動き出したが金額などで折り合わず、競売入札に付されたことが28日、分かった。

対馬で広大な森林地が売りに出されるのは初めてで、外国の業者からも問い合わせがあるという。市では「対馬のシンボルが奪われる」との危惧の声が出ている。

売りに出されているのは、対馬市北東部に位置する上県町(かみあがたちょう)の計49筆の土地で、東京ドーム55個分に相当する。

市は買収を検討していたが、購入価格や購入後の事業展開などに難点があり、現在、長崎地裁厳原(いづはら)支部が管轄する一括入札にかけられている。

入札期間は今月26日から9月2日までで、9月4日に開札予定。売却基準価格は約3400万円。不動産関係者によると、「広大な奥深い土地で、個別の土地の境界も不明」という場所にあるという。

売りに出された理由は過疎化の影響が大きい。

対馬市の人口はこの50年間で半分の約3万人に減少。入札の陳述書には、所有者が「林業を営んでいた祖父らが亡くなり、平成18年から何らの利用もしていない」と後継者不足で手放した経緯が記載されている。

しかし、この土地にはスギやヒノキなど良質な木が群生。市関係者によると、特に巨木は中国大陸ではまれで、対馬の庭園用の大きな槙(まき)が昨年、中国の業者に1本1千万円で取引されたという。

対馬市では近年、韓国人がホテル、釣り宿などを買収した事例がある。韓国から高速船で約1時間と近く、年間約15万人の韓国人が訪れ、土地の買収も進む。

不動産関係者によると、「『韓国にある業者が資料を求めている』と代理人から問い合わせがあった」と、今回の土地にも関心を示しているという。

こうした手つかずの土地には希少種が多くすみかとしている。ツシマヤマネコはそのシンボル。

このヤマネコは推定で約100匹しかおらず、餌となる昆虫やネズミが減ったことで個体数が減っている。

対馬野生生物保護センターの西野雄一自然保護官は「売買についてコメントする立場にないが、ツシマヤマネコの行動範囲は1600万平方メートルとかなり広く、生息環境としての森林は重要だ」と、今後の土地の行方に懸念を示している。
産経

というニュースです。
中国・韓国問わず外国に売ってはダメでしょう。。というか業者に売ってもダメだと思います。。
特定の国だからどの業者だからということではなく推定100匹しか生息していないツシマヤマネコを守らなければいけませんから、やはり市や国が介入して私有地・国有地化すべきです。

市との金額の折り合いがつかないとニュースに書いてありましたが、、地権者が多くを望んだか、市が低すぎる提示をしたのかはわかりませんが・・・何とかして欲しいと思います。
ツシマヤマネコの生息環境の保全もそうですが、森林伐採も防がなくてはなりませんから。。

エコツール
太陽光発電情報  蓄電池情報  浄水器、ウォーターサーバー情報

人類は今年の地球資源は使い尽くした・・・あとは超過分

国際環境NPO、グローバル・フットプリント・ネットワーク(Global Footprint Network、GFN)は20日、地球が1年間で再生できる自然資源を人間が使い尽くした日を意味する「アース・オーバーシュート・デー」を同日記録したと発表した。

その責任は中国、米国、カタールが負うところが大きいという。

GFNは、「たった8か月あまりで、人間は地球が今年再生できる分の自然を使い尽くしてしまった」とのプレスリリースを発表。「今年の残りの月日は、超過分に相当する。私たちは魚や木などの資源を消費し、二酸化炭素などの排出物を大気中に蓄積させながら、環境的赤字を積み重ねていくのだ」

GFNによると、中国のエコロジカル・フットプリント(人間が消費する資源量を示す指標)は国民1人当たりでは欧州や北米ほどではないが、総量では世界最大だという。世界中の人が中国国民の一般的な生活様式で暮らすと、地球1.2個分の資源を使うことになる。同様に、米国の生活様式では地球4個分、カタールに至っては6.5個分になるという。

地球が初めて環境的赤字に陥ったのは1970年12月29日だった。また、昨年の「アース・オーバーシュート・デー」は8月23日だった。
AFP
というニュースです。
「アース・オーバーシュート・デー」なるものを初めて知りました、そういう調査を行っている団体もいるんですね。。
地球の環境問題で資源の消費や二酸化炭素の放出など問題になりますが、こういう形で今年の地球が再生できる分を基本にどれだけ人類が資源を消費しているかわかるのもいいことですね。。
この調査結果が正しければ、記事にあるように毎年環境的赤字を積み重ねていくことになります。

中国、米国、カタールにはこの指標を重大に受け止めてなるべく資源の消費を少なくして欲しいものです。。

といっても無駄かもしれませんが、しかし警鐘は鳴らしていくべきです。

エコツール
太陽光発電情報  蓄電池情報  浄水器、ウォーターサーバー情報

« Previous Entries

エコなサイト

環境や健康を守る水の総合情報
エコや健康に大切な水を使う為に、放射性物質を除去できる高性能な浄水器や安全な水を宅配するウォーターサーバーなどについて、ご案内しています。

太陽光発電総合情報
太陽光発電に関する情報やソーラーパネル導入時に抱える疑問の解消、最適な太陽光パネル選びのためのご案内をしています。

蓄電池の総合情報
停電や災害などの非常時にも利用でき、家庭用の太陽光発電と組み合わせることもできる蓄電池のご案内をしています。

インターネットFAX情報
いつでもどこでもメールで送受信!低料金で用紙やインクやトナーなど節約できるインターネットFAXのご案内をしています。