今世紀末は洪水被害3倍 気温は最大6・4度上昇の予想 | 環境問題と日常 徒然草

今世紀末は洪水被害3倍 気温は最大6・4度上昇の予想

地球温暖化の影響で、今世紀末の日本の年間の洪水被害額が、最大で20世紀末の3倍以上の約6800億円に達し、砂浜は全国の85%が消失するなど、幅広く悪影響が出ることを予測した報告書を環境省の研究チームが17日、発表した。年平均気温は20世紀末に比べて3.5~6.4度上昇するとしている。

今世紀半ばには暑さが原因で死亡する人が全国的に2倍以上に増え、亜熱帯の果樹が首都圏で栽培できるようになるなど、健康や農業にも影響が出る。一方、温室効果ガスの濃度を低く抑えたり適切な対策を取ったりすることで被害を軽減できることも分かり、温暖化対策の重要性が浮き彫りになった。
47NEWS
というニュースです。
地球温暖化の影響に関してのニュースで良いニュースってほとんどありませんが、このニュースは平均気温の上昇が予想された記事の中でも深刻具合ではトップクラスの予想ではないでしょうか。

今世紀末の予想なのでまだ地球温暖化を改善する時間はありますが、予想通りの経過をたどってしまえば、今世紀末に至る前にかなり厳しい環境に人類が直面します。
今から適切な対策を取り温暖化の被害を最小限に抑える工夫をしてもらいたいものです。

記事に亜熱帯の果樹が首都圏で栽培できるようになる・・・とありましたが、そんな状況に至るまでの平均気温の上昇などの環境の変化や付随する災害など想像するとこわいですね。現在ですら毎年洪水被害のニュースが頻繁になってきているというのに・・・

エコツール
太陽光発電情報  蓄電池情報  浄水器、ウォーターサーバー情報

Comments are closed.